私の整形ここだけの話!

整形と聞くとイメージが

整形と聞くとイメージが…と思います。私は生まれまながらにして目がとても細く、なおかつつり上がっていたので普通の表情でも恐く見られていました。そのせいで家族からも愛されず、何度もブスと呼ばれていました。私はブスだから人の顔なんて目を見て話したらダメなんだ。と思うようになりうつ向く事が多かったです。化粧しても変わらない、化粧代のムダだとも言われました。そんな私が社会人になってから一人の女性と出合いました。目が大きくて耀いて見えました。そんな女性も昔は同じ目が細かったと聞きビックリ。 プチ整形のお話を聞き、少し恐かったが、自分が変われるならと思い切って目を整形しました。今までは味わえなかった人生がそこに待っていました。整形して本当良かったです。

昔の自分にさようなら

私の小さい頃は良い思い出もなく、誰からも愛されていませんでした。その理由はわたしが目が細くブサイクだったからだと思います。 私には兄弟がいて姉、妹の3姉妹です。 姉は目が大きく可愛い顔をしていました。妹は奥ぶたえでそれほど目が小さいわけでもなかったのです。私も二重になりたいという願望は大人なってもあり、お金がたまったら絶対綺麗になりたい、思っていました。整形はかなりの額になると知っていたのでただの願望にしか過ぎなかったのです。私が社会人になってからある女性と出合い、プチ整形のお話を聞き、安く整形出きることを知りました。迷わず整形することに決めました。目を二重にするだけで私の人生は大きく変わり、堂々と笑えるようになりました。その女性と出合って本当によかったです。昔の私よさようなら。